HOME > マックスブログ > あなたは誰にほめられたい?仕事の成果をほめてほしい相手とは
モチベーション
2016/09/25

あなたは誰にほめられたい?仕事の成果をほめてほしい相手とは

    日々仕事に追われていると何のために頑張っているのか分からなくなることがあります。
    そんな時自分のモチベーションを高めてくれるのは、自分の頑張りを認めて褒めてくれる存在です。

    実際に仕事をしている20代から40代の会社員男女100人からアンケートを取り、仕事の成果を誰に褒められると一番嬉しいかを調査しました。

     

    【質問】

    仕事の成果について誰から褒められるのが一番うれしいですか?

    仕事の成果について誰から褒められるのが一番うれしいですか?

    【回答数】

    上司:40
    お客様:23
    同僚:11
    社長:9
    同期:5
    他の部署:4
    部下:2
    事業部:0
    その他:6

    ■調査地域:全国
    ■調査対象:【年齢】20~40代 【職業】会社員
    ■調査期間:2016年07月28日~2016年08月11日
    ■有効回答数:100サンプル

     

     

    一番ほめてほしいのはやっぱり上司!

    アンケートの結果、上司からほめてほしいと回答した方が一番多い結果となりました。

    ・ちゃんと見てくれているから評価してくれると感じるので上司から褒められるとモチベーションもあがり、頑張れます。(20代/女性/会社員)
    ・自分の働きを間近で見ているのが上司なので、上辺だけではなく、本心からの言葉だと思ってしまいます。(30代/女性/会社員)
    ・直属の上司にほめられると、リアルにほめてもらえたなぁと感じて嬉しいです。(30代/女性/会社員)
    ・他の社員と比較して見ているから。上司が人事評価を行うので、認められると嬉しい。(40代/女性/会社員)

     

    やはり直接自分の仕事を評価してくれる上司から認められると、自分のモチベーションもアップし気分良く仕事できるという意見が多いようです。

    上司にほめられることで自分が成長できていると感じられることもうれしいと感じる要因といえます。

     

     

    お客様あってのお仕事!ありがとうの言葉が自信につながる

    アンケートの結果、2番目に多いのはお客様からほめられた時との回答でした。

    ・実際に商品を使ったり、自分の行動を見たりして評価してくれるので、仕事の達成感を感じられるから。(40代/女性/会社員)
    ・お客様から褒めてもらえるというのは、私自身を認めてもらえたものと同じだから一番うれしい。(20代/女性/会社員)
    ・お客様がいての仕事内容なので、お客様に褒められたり感謝されるのが嬉しいです。(20代/女性/会社員)
    ・法人がクライアント。なかなか難しい案件も多いが、やりがいがある。成功して感謝されたときは達成感を感じる。(40代/男性/会社員)

     

    お客様がいて初めて仕事が成り立つわけで、一番重要な相手といえる存在ですね。

    そんなお客様に自分の仕事を喜んでもらえる、感謝されるのは仕事のやりがいになります。いままで頑張ってきた自分の努力の結果が報われる瞬間に、大きな達成感を感じている人も多いです。

     

     

    同僚からのほめ言葉は信頼と尊敬の証!

    アンケートの結果、同僚からほめられると一番うれしいと回答した方が3番目に多い結果となりました。

    ・やはり同僚から褒められるのが一番うれしいです。一緒に競争しながら頑張っているのでお互いに認め合っているからです。(40代/男性/会社員)
    ・一緒に仕事をしている人がその仕事の大変さや苦しさがわかるので、知らない人よりも褒められると嬉しく感じます。(40代/男性/会社員)
    ・同僚が一番普段の自分をよく見てくれているので、どれだけ頑張ったかなど評価してもらいやすいから(40代/女性/会社員)
    ・お世辞抜きのライバル柄の同僚に誉められるとかなりの自信に変わる(30代/女性/会社員)

     

    普段は同じ職場の仲間として、そして仕事の上でのライバルとして一緒に働く同僚は、自分の仕事を一番理解してくれている存在です。

    そうした相手からの惜しみない称賛は、信頼され尊敬されていると感じることができ、仕事に対する自信とモチベーションを高めてくれます。

     

     

    会社のトップから直々にほめられるとやっぱりうれしい!

    アンケートの結果、社長からほめられるのが一番うれしいという人が4番目という結果になりました。

    ・仕事をしているうえで、社長に褒められるというのは自分が認められたと同時に自分を見てくれているという証でもあるためです。(30代/男性/会社員)
    ・仕事の大成果をあげて社長賞をもらい、じきじきにほめてもらえると嬉しいですね(30代/男性/会社員)
    ・やはり、トップから直接評価されるということは、それだけの成果があると感じるため、 また、今後の評価しだいでは上司からの評価よりも良い評価を貰える可能性もあるため、 社長からの評価が良い(20代/男性/会社員)
    ・社長から認められれば昇進や賞与に影響するから。お金を稼ぐために働いているので、給与が上がらなければ意味がない。(20代/女性/会社員)

     

    会社のトップである社長にほめられるということは、自分の仕事がそれだけの成果を生み出したという結果の表れでもあります。

    普段の何気ない仕事を認めてもらうこともうれしいですが、仕事の成果を一番大きく評価されたと感じるのが社長にほめられた時といえるのではないでしょうか。

     

     

    仕事のモチベーションを高めるにはほめられるのが一番!

    自分の仕事を褒められて嬉しくないという人は少ないです。特に自分の仕事を良く分かってくれている存在に褒められることは、自分が認められた、成長できたと感じることにつながります。

    アンケートの結果からも上司や同僚といった、自分の身の回りにいる人から褒められるのが一番うれしいという意見が多く挙げられました。

    モチベーションをあげて質の高い仕事に取り組んでもらうためにも、普段の仕事ぶりを上手にほめる機会を増やしてみてはいかがでしょうか。

     

     

     

    この記事を読んでいる方におすすめ!

    社員総会 会場リスト(東京編)

    無料でダウンロード

    この記事を読んでいる方におすすめ!

    社員総会の会場レイアウトサンプル

    無料でダウンロード

    この記事を読んでいる方におすすめ!

    社員総会のお見積り例

    無料でダウンロード

    こんな方のお力になれます!

    • はじめての担当で何から手を付けていいのか分からない...
    • 恒例の優秀者の表彰式がいまひとつ活性化しない。
    • イベントのマンネリ化を払拭したい。