HOME > マックスブログ > 【社員総会 奮闘ストーリー】 お客様への見積もりを作らなければ!~番外編~
制作奮闘記
2016/07/28

【社員総会 奮闘ストーリー】 お客様への見積もりを作らなければ!~番外編~

    企画の方向性も見えてきた。

    全スタッフを連れて会場の下見もできた。

    本番まで3カ月を切っていよいよ手を付けないといけない事。

     

    それが「見積もり作成」である。

     

    何となくの概算は当然伝えてきた。

    しかしここからは「何に」「いくら」費やすのかという。

    明確なコストバランスを提示しないと諸々の判断は出来ない。

     

    ここが一番大事な勝負所である。

     

    感動的で思い出に残る総会をやろうとすると、
    当然お金はかかるもの。

    しかし予算に限度はある。
    その与えられた金額の中で最大限、いいものを提供するのが、
    制作会社としての使命である。

     

    スタッフのキャスティング、
    全体の制作スケジュール管理、
    そして予算管理。

     

    これがプロデュース会社の一番大事な役目であろう。

     

    中崎さんがイメージする世界を予算という角度で形にする時。

    今までの全てのノウハウを使ってまとめていこう。

    「これですね」というゴールが必ずあるはずである。

     

    少し高めに出して調整していく。。

    これも制作会社がよくやる手なので、
    ほんの気持ち多めに出してみよっと。

     

    ↓↓↓今回、マックスプロデュースが作ったお見積りはこちら↓↓↓

    この記事を読んでいる方におすすめ!

    社員総会のお見積り例

    無料でダウンロード

     

    こんな方のお力になれます!

    • はじめての担当で何から手を付けていいのか分からない...
    • 恒例の優秀者の表彰式がいまひとつ活性化しない。
    • イベントのマンネリ化を払拭したい。