HOME > マックスブログ > 【社員総会 奮闘ストーリー】楽しいと思えないのはゴールが見えてないから ~1ヶ月前~
社員総会
2016/09/26

【社員総会 奮闘ストーリー】楽しいと思えないのはゴールが見えてないから ~1ヶ月前~

マックスブログ

 

2ヶ月を切った。

 

 

全く楽しくなんてなってこない。

 

 

桑原さんチームからのメールが日に日に増えてくる。

 

確認やら提案やら…

 

 

 

中崎敬

社員総会責任者:中崎敬

社会人3年目でやっと1人前になった。最近任される仕事の幅が広くなってきて、嬉しいやら忙しいやら。
今回新たに社員総会の責任者を上司に丸投げされるも、ノウハウがなく困り果てている。
やる気だけはある。

上司

イベント会社 担当:桑原裕文

イベント会社の営業兼制作進行。
業界歴が長く、酸いも甘いも知り尽くしている。
積極的な担当に対しては、隙あらば面白い企画を盛り込もうとしてくる。

 

 

楽しいと思えないのはゴールが見えてないから

 

週に1回の定例会のはずが、

撮影やら、会場打ち合わせやら、細かい打ち合わせが増えて、

毎日、桑原さんと顔を合わせているような気がする。

 

昼食をとり忘れている事もしばしば。

 

 

様々な提案を受けて最終判断は全てこちらになってくる。

その判断をまちがうと、
それがそのまま形になってしまうと思うと躊躇してしまう。

 

でも決めないと前に進まない。

 

 

そんな連続にいつしか「作る」楽しさを忘れているような気がする。

気づいたらtodoが「300」を超えているのかどうかもわからない。

 

 

その時、ふと思い出した。

 

最初に桑原さんが来た時に渡された「制作スケジュール」。

 

 

勝利からの逆算ですよ!

やるべきことを、やるべき日までに、やれば絶対に成功しますから。

 

やるべきこと。

 

 

そうだ!

 

いま楽しいと思えないのはゴールが見えてないからだ。

 

やることの全貌が見えてないのだ。

 

一度、静かにtodoを整理し、それを時間軸で整理してみよう。

 

 

「todoリスト」と「自分がやりたいこと」の整理

 

・司会の選定
・受賞者の決定
・BGMの決定
・表彰トロフィーの決定
・表彰状の文面の作成
・撮影のキャスティング、場所の選定
・台本の確認
・受賞者への賞金の決定
・最優秀のサプライズの決め込み
・懇親会の料理について

 

整理し始めると、意外とゴールはそんなに遠くないのかと思い出してきた。

 

そしてふと数ヶ月前の「こんな総会にしたい」という純粋な思いがこみ上げてきた。

 

 

感動的な表彰式にしたい、、、参加型の総会にしたい、、、

 

そんな感じに仕上がっているかな~。ちょっと違うような気もするな~。

 

 

もう一度、自分の総会へのイメージをしっかり持とう。

じゃないと、自分がやる意味がない。

 

原点に立ち返り少しやる気がこみ上げてきた。

 

今やるべきこと

 

 

本業も忘れずに

 

そう思ったときに得意先の方から連絡が。

 

すぐに会いたいと。

 

そうだった自分の本業は「営業」だった。

 

 

通常業務をやりながらの総会の準備は大変だけど、

全てをやりきって最高の総会を作り上げてみせる!

 

 

たまにはこちらから桑原さんに電話してみるか!

 

と思い携帯を開いてみたら既に桑原さんから着信が2回も入っていた。

 

なんだろう、トラブルかな。。。?

 

折り返してみると、トラブルではなく、

 

たまには飯でもどうかな~

たまには飯でもどうかな~

 

というお誘いだった。

 

なにか最近の中崎さんは大変そうで、ゆっくり話せてないな~と思って

なにか最近の中崎さんは大変そうで、ゆっくり話せてないな~と思って

 

と。

 

こちらの気持ちを察するかのようなお誘いにすんなりOK。

いまの素直な気持ちを桑原さんに聞いてもらおう。

 

そして最初は何度も話していたような、総会のロマンを語り合おう。

 

 

さあ、へパリーゼでも飲んで渋谷へとくり出しますか!

 

この記事を読んでいる方におすすめ!

社員総会 会場リスト(東京編)

無料でダウンロード

この記事を読んでいる方におすすめ!

社員総会の会場レイアウトサンプル

無料でダウンロード

この記事を読んでいる方におすすめ!

社員総会のお見積り例

無料でダウンロード

 

こんな方のお力になれます!

  • はじめての担当で何から手を付けていいのか分からない…
  • 恒例の優秀者の表彰式がいまひとつ活性化しない。
  • イベントのマンネリ化を払拭したい。